CIセラピーのすべて ~成人と小児CIMT・上肢と下肢CIMT・重度麻痺手CIMT~

主  催:日本CIセラピー研究会
期  日:平成25年11月17日(日) 10:00~16:00
会  場:川崎医療福祉大学(倉敷市松島288  http://www.kawasaki-m.ac.jp/mw/
内  容:CIセラピーは米国アラバマ大学のTaub博士が開発した脳卒中等片麻痺治療法
     です。本当のCIセラピープロトコルは意外にも知られておらず、「健手を三
     角巾固定し、一日何時間も単純な物品移動を強制的に繰り返すトレーニングだ、
     適応は不全麻痺に限られる」などと誤解されていることが多いようです。CI
     セラピーの目的は、参加者自身の内的動機づけに基づき、麻痺手を日常生活で
     使用するようにトランスファーさせることです。プロトコルはアラバマ大学で
     毎年見直しがされており、現在、その成果は、上肢はSTEFで60点以上改
     善、下肢は6分間歩行距離やTUGが2倍以上に改善するとともに、生活の中
     で便利さを感じる麻痺手としての使用へ、そして歩行能力の大幅な改善により
     社会的参加が増すなど参加者に行動変容をもたらしています。一般的な作業療
     法においても役立つShaping技法やモニタリング技法は、それら単独の使用に
     おいても効果が期待できます。講師は2002年からCIセラピーを実践しア
     ラバマ大学CIトレーニングコース(入門コース)やTaubクリニック研修を履
     修した田邉浩文(OTR,phD)です
     はじめて中国地区で開催いたしますので是非ご参加ください
対 象 者:対象条件なし
定  員:100名(定員になり次第締め切り)
参 加 費:3,000円
申し込み:方法:・施設名・氏名・職種・連絡先(メールアドレス)を記入し申込む
     宛先:citherapyinokayama@yahoo.co.jp
問 合 せ:井原市立井原市民病院リハビリテーション科(長谷川透/藤井聖子)
     または、デイサービス アイル玉野(門野由希)
注意事項:この研修は、会員専用のページにも掲載されています
     鳥取県作業療法士会の会員は、会員専用ページをご覧ください


Copyright(c) 2013 Tottori Association of Occupational Therapists All Rights Reserved.