作業療法とは

はじめに(リハビリテーションのチームアプローチ)


作業療法士は、さまざまな職種と連携をとりながら、多くの可能性をもつ一人一人に作業活動を用いてその能力を最大限に引き出しながらその人らしい生活を獲得できることをめざします。
作業療法士は、(1)人間性の維持・回復 (2)生活 (3)機能  に対するアプローチを行います。


作業療法とは

身体または精神に障がいのある者、またはそれが予測される者に対し、その主体的な生活の獲得を図るため、諸機能の回復・維持および開発を促す作業活動を用いて治療・指導・援助を行います。

(社)日本作業療法士協会 定義より


作業療法のQ&A

Q:作業療法は、どのような人を対象に行うのですか?
A:子どもから高齢者の方まで、生活に障がいを持つすべての人に関わります。

体に障がいのある人
・脳卒中     ・リウマチ    ・脊髄損傷   ・骨折・外傷   ・パーキンソン病   ・手足の切断   ・心臓疾患  など

 

心に障がいのある人
・統合失調症   ・躁うつ病    ・神経症    ・摂食障がい    ・認知症     ・薬物依存症   ・アルコール依存症  など

 

発達期に障がいのある子ども
・脳性麻痺    ・精神発達遅滞    ・筋ジストロフイー    ・ダウン症
・学習障がい   ・自閉症  など

 

老年期に障がいのある人
・認知症     ・脳卒中     ・廃用性症候群     ・骨折
・内科系疾患   ・パーキンソン病  など

 

生活に支障をきたしている、あるいはきたすことが予測される人

 
Q:作業療法は、どのような目的で行うのですか?
A:3つの能力を維持・改善します。
●基本能力(運動機能、精神機能)
●応用能力(食事やトイレなど、生活で行われる活動)
●社会生活適応能力(地域活動への参加、就労就学の準備)
また、
●環境調整(人的環境、物理的環境)
●社会資源や諸制度の活用を促す
これらは、「作業活動」を媒介として行われ、その人らしい生活の獲得が目標になります。
 
Q:作業療法の「作業活動」は、どのようなものですか?
A:日常生活の諸動作や仕事、遊びなど人間に関わるすべての諸活動を「作業活動」と呼び、治療や援助もしくは指導の手段としています。
仕事・学習活動、身体運動活動、生活活動、手工芸等の活動、生活圏拡大のための活動
 
Q:作業療法は、どのような領域で実施されていますか?
A:生活に障がいをもつすべての人に関わり、医療をはじめ保健・福祉・教育・職業領域と幅広く展開しています。


Copyright(c) 2012 Tottori Association of Occupational Therapists All Rights Reserved.