異動について

勤務先が変更した場合、自宅会員になった場合や改姓した場合には、速やかに異動届を提出します。自宅住所が変更されても異動届が提出されない場合があります。しかし、離職されたり、休職されたりした時に連絡がつかず、必要な情報が必要な時にお届けできなくなり、ご迷惑をお掛けすることになります。このようなことがないように、自宅住所が変更された場合にもきちんと異動届を提出しましょう。

○異動の内容
(1)勤務先の変更(勤務先の名称、部署、勤務先住所、TEL、FAX、E-Mailアドレス)
(2)自宅住所の変更(住所、TEL、FAX)
(3)転入(他の都道府県士会からの異動)
(4)転出(他の都道府県士会への異動)
(5)改姓
(6)その他(自宅会員への異動等)
○異動手続きの流れ
(1)会員異動届を用意します
会員異動届の入手方法は、ホームページからダウンロードする方法と、最寄りの事務局支局へ会員異動届を送付依頼する方法があります。「会員異動届」
(2)会員異動届に必要事項を記入します
異動後に速やかに手続きを行ってください。ただ、県外に異動される場合は、支障がない範囲で早めに手続きを行ってください。
(3)会員異動届を最寄の事務局支局へ送付します
届け出の方法は限定しませんが、記載内容は個人情報となりますのでファクシミリでの送付は控え、メール、あるいは郵送をお勧めします。
(4)会員異動手続きの完了です
会員異動届を事務局支局が受理し、異動内容の登録を済ますと手続きの完了となります。会員異動届に不備があれば事務局支局から連絡がありますが、連絡がない場合には異動手続きが無事に完了しています。


Copyright(c) 2012 Tottori Association of Occupational Therapists All Rights Reserved.