作業療法啓発キャンペーンについて

広報部」のお知らせ

◎運営協力員の募集
 今回の啓発キャンペーンは西・中・東の広報部部員が中心に担当しています。
 会場が鳥取市内ですので、東部地区の会員の方の力をお借りし一緒に啓発キャンペーンを
 成功させたいと思います。
 まずは、運営協力員を下記の通りに募集しますので、よろしくお願いします。

1.当日協力員(各午前・午後)
  リーダー   :1名(実行委員長:福田)
  チラシ配布  :3名(鳥取駅前、商店街内、鳥取大丸前)
  作る・体験する:6名(飾り箱2名、自助具作り2名、自助具体験2名)
  ガイナマン  :6名
  合計    :16名
  ☆ご都合に合わせて時間配分を行いますので、ご相談ください。

2.申し込み:方法:Eメール、FAX、TELにて所属氏名、電話番号、応募者氏名を
          連絡する
       送先:啓発キャンペーン実行委員長 福田和子(鹿野温泉病院)
       TEL:0857-84-2311 FAX:0857-84-3287
       Eメールアドレス:tmc51-35@mcoop-tottori.jp

3.キャンペーンの概要
  ・主   催 日本作業療法士協会
  ・共   催 鳥取県作業療法士協会
  ・協   賛 ガイナーレ鳥取
  ・後   援 一般社団法人 鳥取県理学療法士会
         公益社団法人 鳥取県看護協会
         一般社団法人 山陰言語聴覚士協会
  ・コンセプト:ひとは作業することで元気になれる
  ・期   日:平成27年10月17日(土) 10:00~15:30
  ・会   場:鳥取駅前商店街 バード・ハット
         (鳥取駅北口より徒歩3分/鳥取市今町2丁目211)
  ・参 加 費:無料(100名の来場者【体験者】の見込み)
  ・活 動 内 容 ①作る―作業って楽しい!飾り箱作り:八角形の厚紙を山折り、谷折りに
          折りながら作ります。完成品はお菓子入れや小物入れとして使用でき
          ます。
         ②自助具作り―自助具ってなぁに?おゆまるで簡単自助具作り:
          スプーン、歯ブラシ、筆記用具などにおゆまるを付けると握る力が
          弱い方にも道具が使える可能性が高まります。
         ③自助具体験―いちどにありがとう16、片手で出来る薬袋開け
          (生活の工夫と自助具体験):自助具を実際に使ってもらいます。
         ④Let’s腰痛予防―家でも出来る腰痛体操:実際に資料を作成し、
          家でも出来るエクササイズを紹介します。
         ⑤相談する―リハビリについて、進路について、福祉用具などの相談を
          受け付けます。
         ⑥作品展示―実際に作業療法場面で作成したものを展示します。
         ※スタンプラリー方式で行い①~④の体験に参加された方に景品を
          プレゼントする
         ※イメージキャラクター(ガイナーレ鳥取:ガイナマン)を使用する


Copyright(c) 2015 Tottori Association of Occupational Therapists All Rights Reserved.