一般社団法人 日本離床研究会主催 教育講座

主 催:一般社団法人 日本離床研究会
申込み:ホームページよりオンラインで申込み
    HP:http://www.rishou.org/
問合せ:一般社団法人 日本離床研究会事務局 TEL:03―3556―5585

◯脳卒中患者の疑問がスッキリ晴れる!とっておきの検査・データ「マル秘」判読講座
 期 日:2018年 3月24日(土) 10:00~16:10
 会 場:香川県社会福祉総合センター
     (高松市番町1-10-35 高松駅・瓦町駅より徒歩)
 内 容:本講座では星の数ほどある検査項目や薬剤の中から、臨床でスグ使える項目に厳選
     し、ベテランに読み解きのコツを学びます
     1.脳画像(CT・MRI・MRA)
       ・たった5つの画像で分かる脳画像のキホン
       ・書いて理解する脳の機能解剖と血管走行
       ・障害部位から判断する麻痺の位置と程度予測
       ・高次脳機能・ADLの予後予測
       ・脳画像とフィジカルアセスメントから読み解く離床が禁忌の状態
     2.血液データ
       ・脳卒中患者における血液データのみかた
       ・凝固系パラメータのチェックの仕方
       ・医師がやたら血糖値を気にするワケ
       ・みるべき電解質と肝機能の指標  ほか
     3.薬剤
       ・マンガでイメージする脳卒中治療薬とその効果
       ・語呂合わせで覚える系統別薬剤名
       ・使用薬剤からわかる病態把握
       ・抗凝固薬と頸動脈エコーから考える離床の判断
       ・t-PA静注療法後における離床のポイント
     講師:黒 田 智 也 氏(日本離床研究会 学術研究部)
 受講費:12,800円(税込)

◯離床時に必須!初心者にゼッタイわかる心電図
 期 日:2018年 3月25日(日) 10:00~16:20
 会 場:岡山ターミナルスクエア(JR岡山駅より徒歩1分)
 内 容:講師が苦労した経験をもとに判読のコツを学ぶ集中講座。マンガやイラスト満載の
     楽しい講義をお約束します!臨床で波形を診た瞬間に判読・行動できる即戦力を養
     成します
     1.心電図の基礎と正常波形をおさえる!
     2.不整脈の特徴をマンガとイメージで覚える!
     3.症例をもとに波形の危険度を瞬時に判別トレーニング!
     講師:黒 田 智 也 氏(日本離床研究会 学術研究部)
 受講費:9,800円(税込)

◯ベテランはここを診ている!重症患者のアセスメント ゛勘゛ドコロ
 期 日:2018年 4月21日(土) 10:00~16:10
 会 場:サンポートホール高松(JR高松駅より徒歩3分)
 内 容:明日からスグに役立つ8つのアセスメントポイントを取り上げ、楽しくかつ安全に
     離床を進めるポイントを学びます
     1.「呼吸・低酸素」のアセスメンント
      ・呼吸の観察は「首」と「腹」のワケ ほか
     2.「循環・心不全」のアセスメント
      ・循環の良し悪しを左右する尿量のみかた ほか
     3.「意識・せん妄」のアセスメント
      ・せん妄と不穏って何が違うの? ほか
     4.「身体の清潔・安楽」のアセスメント
      ・口腔ケアは水を使わない? 口腔ケアの最重要事項と最新知識 ほか
     5.「輸血・体水分バランス」のアセスメント
      ・知っているようで実は知らない輸血の目的と使い分け ほか
     6.「痛み」のアセスメント
      ・離床意欲を促進する、ベテランがおこなう患者さんへの配慮の仕方 ほか
     7.「嚥下・栄養」のアセスメント
      ・そうだったのか!スグにつかえる嚥下・栄養評価のポイント ほか
     8.「体位管理・早期離床」のアセスメント
      ・少しの工夫ですぐできる、マル得離床テクニック ほか
     講師:河 合 佑 亮 氏(藤田保健衛生大学病院)
        曷 川   元 氏(日本離床研究会 学術研究部)
 受講費:9,800円(税込)

◯モニター・機器が少ない状況下における早期離床
 ~フィジカルアセスメントを活かした状況判断のコツ~
 期 日:2018年 4月22日(日) 10:00~16:10
 会 場:広島国際会議場(広島市中央区中島町1-5 平和記念公園内)
 内 容:モニター・機器が不十分な状況で起こりうる急変や病状の変化に備えるための評価
     ポイントと知識をベテランが伝授。もしそうなったときにも、落ち着いて対処し起
     こしてよいかの判断ができる臨床家を育成します
     1.五感を使うことの重要性~声にならない訴えを理解する~
     2.その症状はどこからくるの?生理学的な根拠から原因を探すプロセス
     3.原因はコレ?いまある機器と身体所見から判断するための評価ポイント
     4.いまトイレまで歩いて良いか?自覚症状出現時における離床可否判断基準
       新たな自覚症状の出現時における急性期対応の考え方
     5.これは大変!急変と判断したときの初期対応と具体的な医師への報告の仕方
     講師:對 東 俊 介 氏(広島大学病院)
 受講費:8,400円(税込)


Copyright(c) 2018 Tottori Association of Occupational Therapists All Rights Reserved.