発達協会 セミナーの開催

 主  催:発達協会  HP:http://www.hattatsu.or.jp/
 会  場:東京ファッションタウン(TFT)ビル東館 9 階研修室
     (東京都江東区有明3-6-11)
 定  員:各250名(定員になり次第、随時締め切ります)
 受 講 料:各9,050円(税込)(正会員、賛助会員は各8,220円(税込))
 生涯教育:記載がなく不明
 申 込 み:方法:TEL・FAX・発達協会ホームページから、お申し込みいただけます
         TEL:03-3903-3800
         FAX:03-3903-3836
         HP :http://www.hattatsu.or.jp/
 注意事項:同じ日程で開催されるセミナーを申し込むことはできません

◯2018年度秋のセミナー
 期  日:2018年10月21日(土) 10:15~16:20
 内  容:秋 2 発達障害・知的障害のある子の「感覚」への対応
      本人以外にわかりにくい「感覚」の問題。だからこそ、理論をふまえた対応が大
      切です。「感覚」の問題に注目が集まっています。DSM―5では、ASDの診
      断基準に感覚の過反応や低反応といった項目が加えられました。「感覚」の問題
      は、特定の音や人に触れることが苦手等、生活や学習のしにくさにつながりま
      す。このセミナーでは「感覚」のメカニズム等、理論をふまえた対応の仕方をお
      伝えします。また身体と心の緊張が高い子どもへの、動作法によるリラクセーシ
      ョンの実際も学びます
      1.「感覚」の過反応と低反応 [子どもの抱える困難さを理解する]
         岩 永 竜一郎 氏(長崎大学)
      2.「感覚の問題」への支援の実際 [感覚統合療法からのアプローチ]
         岩 永 竜一郎 氏(長崎大学)
      3.緊張が高い子へのリラクセーション [動作法を中心に]
         香 野   毅 氏(静岡大学)
◯指導力・支援力向上セミナー
 期  日:2018年11月 4日(日) 10:15~16:20
 内  容:秋 10遊びを通して発達を促す
      子どもも大人も楽しみながら、プログラムを進めましょう
      着替えや食事、学習の場面などで、道具を上手く使えずに困っている子どもがい
      ます。苦手意識から練習への意欲が低下すると、苦労するのは子ども自身です。
      意欲を持って子どもが学べるように、生活動作や学習場面でできることを増やす
      ための遊びを、作業療法の視点からお伝えします。また、遊びの中でことば・コ
      ミュニケーションの力を育てる指導・支援法も併せて学ぶ、現場で活かせる内容
      が盛りだくさんのセミナーです
      1.生活動作を育てる遊び[作業療法の視点から]
         笹 田   哲 氏(神奈川県立保健福祉大学大学院)
      2.学習する力を育てる遊び[作業療法の視点から]
         笹 田   哲 氏(神奈川県立保健福祉大学大学院)
      3.遊びの中でことば・コミュニケーションの力を育てる
         東    敦子 氏(臨床発達心理士)


Copyright(c) 2018 Tottori Association of Occupational Therapists All Rights Reserved.