2019年度第3回生活行為向上マネジメント研修会

期日 2020年2月2日(日)
1基礎研修:9:00~16:20
2実践者研修:9:00~12:10
場所
会場 地域交流センター アゼリアホール
住所 倉吉市山根43倉吉病院横
TEL 0858-26-1011
内容

1基礎研修
 講師:土井宣幸氏、松本周三氏
2実践者研修:「MTDLP事例報告の書き方」
       「事例報告」
  講師:柴田八衣子氏(兵庫県立リハビリテーション中央病院 作業療法士)
     鬼木徳子氏

資料 2019年度第3回MTDLP研修会案内文
対象 鳥取県作業療法士会会員
他職種(介護支援専門員、理学療法士、言語聴覚士 等)
鳥取県作業療法士会員の場合
1基礎研修:OT県士会会員であれば誰でも可能
2実践研修:MTDLP基礎研修修了者(事例報告者、聴講者ともに)
      他職種:不問
参加費 500円 ※ただし、県士会員は2019年度県士会費納入者に限る
生涯教育 鳥取県作業療法士会員の場合
1基礎研修:現職者選択必修研修「MTDLP基礎研修」修了、2ポイント
2実践研修:現職者共通研修「10.事例報告」、2ポイント
申込み

再度ホームページにてお知らせします。

問合せ先

鳥取県MTDLP委員会 推進委員 老健はまかぜ 土井宣幸
研修会申し込み受付に関して:鳥取県MTDLP員会委員 三朝温泉病院 松本周三

Eメール tottoriot_mtdlp@yahoo.co.jp
連絡事項

●申し込みの際に研修内容を選択し、受講する形となります.申し込み画面の指示に従ってください。
●1基礎研修は日本OT協会発行の「事例報告書作成の手引き(第2.1版)生活行為向上マネジメント事例」に沿って講義を行います。各自事前に目を通し、参加ください。
また、スケジュールの関係で昼食時間を別で確保できず、演習をしつつ昼食を摂って頂く形となります。そのため、昼食は必ず事前に各自で用意して頂きますようお願い致します。
●2実践者研修は、今回の研修会より自己事例報告希望者は2パターンより選択し、書類の事前準備・提出が必要となります。各資料を作成する際には下記に添付しているひな形をご使用ください。
パターンA:※添付資料:事例概要雛形
            マネジメントシート
パターンB:※添付資料:事例本文
            マネジメントシート
            一般情報シート
            課題分析シート
    

           ※症例本文について(手引きp37~p40参照)
            事例報告書作成の手引きに準じます。次の項目で作成してください。     
            1報告の目的(200字以内)、2事例紹介(600字以内)、3作業療法評価(800字以内)、4介入の基本方針(200字以内)、5作業療法実施計画(600字以内)、6介入経過(1,000字以内)、7結果(700字以内)、8考察(700字以内)
資料作成の際は、日本OT協会発行の「事例報告書作成の手引き(第2.1版)生活行為向上マネジメント事例」を参照してください。
●OT協会発行の「作業療法マニュアル66.生活行為向上マネジメント(第3版)をお持ちの方はご持参ください。
●MTDLP基礎研修修了、実践者研修修了(MTDLP自己事例報告者)者の中で希望者は、OT協会の生涯教育制度の現職者選択研修「MTDLP基礎研修」・現職者共通研修の「10.事例報告」にそれぞれ読み替えができます。希望する場合は申し込みの際に選択してください。
●領収証を各自で印刷し、必要事項を記入の上当日ご持参ください。


Copyright(c) 2019 Tottori Association of Occupational Therapists All Rights Reserved.