勉強会・研修会のお知らせ

地域包括ケアシステム対策委員会 東中部人材育成研修会

期日 令和2年1月26日(日) 10:00~16:00(受付 9:30~)
場所
会場 鳥取県民体育館 視聴覚室
住所 鳥取市布施146-1
TEL 0857-31-6911
内容

「地域包括ケアシステムについてシステムの紹介とOTの役割・グループワーク」
 9:30~受付
10:00~オリエンテーション
10:15~介護予防普及展開事業についてなど
11:30~地域ケア会議に必要な知識について
12:30~休憩
13:30~グループワーク
14:30~休憩
14:45~グループワーク
16:00 終了

 厚生労働省は2025年を目途に、高齢者が可能な限り住み慣れた地域で、自分らしい暮らしを続けることができるよう、地域包括ケアシステムの構築を推進しています。それに伴い、各地域で地域包括ケアシステムに関わることのできる人材の育成が進められています。
 当県士会でも、認知症対策委員会・MTDLP委員会と連携し、自立支援など幅広い視点を持つ作業療法士の育成を進めています。各会員の方には3委員会の主催する研修会をぜひ受講して頂きたいと考えています。受講履歴を確認いただき、“既に受講している方”も内容の再確認や学び直しの機会に、“経験年数の若い方”“地域とは関わりの少ない領域で働いている方”も、研修内容を普段の業務に活かせる部分があると思います。また、近年では精神障害領域の事例も増えてきております。ぜひこの機会に参加していただきますよう、お願いいたします。

対象 会員
参加費 500円
生涯教育 2ポイント
申込み

1所属施設 2電話番号 3参加者氏名 4OT協会番号 
5県士会費納入の有無

送先 地域包括ケアシステム対策委員 大渕(鳥取赤十字病院)
期限 令和元年10月18日(金)
Eメール red_riha@yahoo.co.jp
問合せ先

地域包括ケアシステム対策委員 原田(デイサービスつむぎ)

Eメール harada@o-tsumugi.com
TEL 0857-30-6978
FAX 0857-30-6979
注意事項

領収証は各自印刷し、領収証と領収証(控)に必要事項を記入のうえ、当日ご持参ください
駐車は他の利用者様の迷惑にならないよう配慮をお願いいたします


第10回鳥取県訪問リハビリテーション実務者研修会・在宅リハ研修会 「職種・職場・地域の壁を軽々と越えて生活期のリハビリテーションを『ONETEAM』で考えて実践するヒントと知識と技術を得よう」(2月22・23日)

期日 2020年2月22日(土)~2月23日(日)
場所
会場 倉吉病院地域交流センター アゼリアホール
住所 鳥取県倉吉市山根43在宅医療福祉センター1F
内容

内容はPDFをご参照ください

資料 研修会資料
対象 在宅・訪問リハビリテーションに興味がある方(職種問わず)
申込み

POSTウェブサイト内「研修会」ページよりお申し込みください。また、添付されているPDFのQRコードからもアクセス可能です。

期限 2020年2月10日(月)
問合せ先

申し込み先と同じ

注意事項

昼食は各自でご持参ください。

懇親会

1日目終了後に懇親会を予定しております。ぜひご参加ください※参加費4000円程度。会場は倉吉周辺。


テーマ別勉強会「中部地区合同」の2月開催

期日 令和2年2月21日(金) 18:30~20:00
場所
会場 藤井政雄記念病院 2階 リハビリテーション室
住所 倉吉市山根43-1
内容

臨床実習指導に関する勉強会
1.臨床実習に関する話題提供
 YMCA米子医療福祉専門学校作業療法士科 梅津清司郎

2.改訂指定規則に沿った臨床実習指導の体験談
 藤井政雄記念病院   幸田 真
 三朝温泉病院     中村貴紀
 老人保健施設のじま  竹谷 豊

3.グループワーク、意見交換

生涯教育 専門性向上努力ポイントの対象になる勉強会です
年間3回以上の参加者に1ポイントが与えられます
申込み

E-メールにて、所属の施設と参加者氏名を連絡する。
登録メンバーは、欠席の場合も同様に連絡をする。

送先 学術部員 鳥取県中部医師会立三朝温泉病院 松本周三
期限 令和2年2月14日(金)
Eメール riha_ot@hosp.misasa.tottori.jp
TEL 0858-43-1321
問合せ先

学術部員 鳥取県中部医師会立三朝温泉病院 松本周三

Eメール riha_ot@hosp.misasa.tottori.jp
TEL 0858-43-1321
注意事項

特になし

案内地図

テーマ別勉強会「西部地区精神科」の2月開催

期日 令和2年2月18日(火) 18:15~20:15
場所
会場 養和病院 リハビリ棟4階 デイケア室
住所 米子市上後藤3-5-1
TEL 0859-29-5351
内容

「文献抄読」

生涯教育 専門性向上努力ポイントの対象になる勉強会です
年間3回以上の参加者に1ポイント与えられます
申込み

E-メール、FAX、TELにて所属の施設と電話番号、参加者氏名を連絡する

送先 学術部員 米子病院 西村伊代 池淵歓斗
期限 令和2年2月17日(月)
Eメール ot@yonago-hospital.or.jp
TEL 0859-26-1611
FAX 0859-26-0801
問合せ先

学術部員 米子病院(施設名) 西村伊代 池淵歓斗

Eメール ot@yonago-hospital.or.jp
TEL 0859-26-1611
FAX 0859-26-0801

第15回認知症研修会「パーソン・センタード・アプローチ ~プール活動レベルを用いた評価と介入~」の開催

期日 2020年3月1日(日) 13:00~17:15 (受付12:30~)
場所
会場 YMCA米子医療福祉専門学校
住所 〒683-0825 鳥取県米子市錦海町3-3-2
TEL 0859-35-3181
内容

 鳥取県作業療法士会 認知症対策委員会では、年に3回の認知症研修会を開催しています。
 今年度3回目となる今回は、京都大学大学院医学研究科の小川真寛先生をお招きし、パーソン・センタード・アプローチについてお話しいただきます。パーソンセンタードケアの基本的な考えといくつかの概念についてご説明いただいた後、「プール活動レベル」という対象者を観察し、ひとりひとりの意味のある活動や参加に向けた方法を支援するための評価ツールについて、演習を含めてご紹介いただきます。
 認知症をもつ人の活動を援助する視点や具体的な介入方法について学べる機会となっておりますので、皆様のご参加をお待ちしております。

「パーソン・センタード・アプローチ ~プール活動レベルを用いた評価と介入~」
講師 小川 真寛 氏(作業療法士・助教)
京都大学街学院医学研究科人間健康科学系専攻 作業療法学講座
13:00~15:30「パーソンセンタードケアとプール活動レベル」【テーマB】
パーソンセンタードケアの基本的な考え方といくつかの概念についてお話しいただきます。
15:45~17:15「プール活動レベルを用いた評価と個別支援~演習~」【テーマC】
プール活動レベルの使用方法について、演習も含めご紹介いただきます。

資料 第15回認知症研修会チラシ
第15回認知症研修会参加費領収書
対象 県士会員、他職種500円、非県士会員5,000円(県士会所属で未納者、未入会の方)
生涯教育 2ポイント
申込み

google申込フォームにて、必要事項をご記入の上お申込下さい
「第15回認知症研修会申し込みフォーム」
URL:https://forms.gle/QvvXQeGjDwVkzARC8もしくはQRコード

資料 QRコード
期限 2020年2月14日(金)
問合せ先

認知症対策委員 YMCA米子医療福祉専門学校 田住 秀之

Eメール tazumi@hiroshimaymca.org
TEL 0859-35-3181
注意事項

・「プール活動レベル 認知症をもつ人の活動評価から個別支援 Jackie Pool (著), 小川 真寛 (翻訳)」(医歯薬出版株式会社)をお持ちの方はご持参ください。
当日、書籍販売をいたしますので、ご希望の方は申込フォームより合わせてお申込みください。

※書籍の購入は必須ではありません。書籍をお持ちでなくてもご参加いただけます。
・平成27年度から認知症研修会を受講された方を登録していき、会員の研修受講状況の確認ならびに県士会からの派遣人材候補者として登録・リスト化しています。あらかじめご了解ください。
・参加費については、対象者により金額が異なりますので、ご確認下さい。また、添付の領収書を各自印刷し、領収書と領収書(控)に必要事項を記載の上、当日ご持参下さい。

案内地図

テーマ別勉強会「西部福祉用具・住環境」の3月開催

期日 令和2年 3月10日(火) 18:30~20:00
場所
会場 山陰労災病院 1階 作業療法室
住所 米子市皆生新田1-8-1
TEL 0859-33-8181
内容

福祉用具体験(置き型手すり・入浴関連用具等)

生涯教育
申込み

問合せ先

大山リハビリテーション病院 廣江 睦美

TEL 0859-68-4111

「中部地区精神科勉強会」

期日 令和2年1月27日(月) 18:30~20:30
場所
会場 倉吉病院アゼリア 4階 会議室
住所 倉吉市山根43
TEL 0858-26-1011
内容

「話題提供」

生涯教育 年間3回以上の参加者に1ポイントが与えられます
申込み

E-メール・FAX・TELにて所属の施設と電話番号、参加者氏名を連絡する

送先 学術部員 竹田 佳弘、梅原 香里(倉吉病院)
期限 令和元年12月20日(金)
Eメール kurayosiriha@med-wel.jp
TEL 0858-26-1011
FAX 0858-26-4794
問合せ先

学術部員 竹田 佳弘、梅原 香里(倉吉病院)

Eメール kurayosiriha@med-wel.jp
TEL 0858-26-1011
FAX 0858-26-4794

テーマ別勉強会「特別支援教育(東・中部)」の2月開催

期日 令和2年2月4日(火) 18:30~20:00
場所
会場 鳥取療育園 作業療法室
住所 鳥取市 江津260
TEL 0857-29―8889
内容

「東・中部の発達系作業療法の現状」

生涯教育
申込み

E-メール、TELにて所属の施設と電話番号、参加者氏名を連絡する

問合せ先

学術部員 中部療育園 谷口 弘

Eメール hiroshi.taniguchi@pref.tottori.lg.jp
TEL 0858-22-7191
FAX 0858-22-7192

2019年度 第3回生活行為向上マネジメント研修会<基礎研修及び実践者研修>の開催の(2月2日)のご案内

期日 2020年2月2日(日)
1基礎研修:9:00~16:20
2実践者研修:9:00~12:10
場所
会場 地域交流センター アゼリアホール
住所 倉吉市山根43倉吉病院横
TEL 0858-26-1011
内容

1基礎研修
講師:土井宣幸氏、松本周三氏
2実践者研修:「MTDLP事例報告の書き方」
       「事例報告」
講師:柴田八衣子氏(兵庫県立リハビリテーション中央病院 作業療法士)
   鬼木徳子氏

資料 2019年度第3回MTDLP研修会案内文
対象 鳥取県作業療法士会会員 他県作業療法士会会員
他職種(介護支援専門員、理学療法士、言語聴覚士等)
参加条件:鳥取県作業療法士会員、他県作業療法士会会員の場合
1基礎研修:OT県士会会員であれば誰でも可能
2実践研修:MTDLP基礎研修修了者(事例報告者、聴講者ともに)
他職種:不問
参加費 500円 ※ただし、県士会員は2019年度県士会費納入者に限る
生涯教育 鳥取県作業療法士会員、他県作業療法士会会員の場合
1基礎研修:現職者選択必修研修「MTDLP基礎研修」修了、2ポイント
2実践研修:現職者共通研修「10.事例報告」、2ポイント
申込み

資料 QRコード
     
方法 申し込みフォームでのみ受付致します。
以下のURLにアクセスし必要事項を記入・選択しお申込みください。
QRコードからでもアクセスできます。
期限 2020年1月19日(日)
URL https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScc1QVmqW2PX1tX0LDSV-BYYCx06H6pauYEd2GMrnlzj1D9Qw/viewform?usp=sf_link
備考 お申し込みは1回の入力につきお1人のみとなります。同施設内で複数申し込みの場合は、
お手数ですがお1人ずつでの入力をお願い致します。なお、メールアドレスは同様のものを
使用頂いても構いません。 
※何か不明な点があれば下記のお問合せ先へご連絡ください。
問合せ先

鳥取県MTDLP委員会 推進委員 老健はまかぜ 土井宣幸
研修会申し込み受付に関して:鳥取県MTDLP員会委員 三朝温泉病院 松本周三

Eメール tottoriot_mtdlp@yahoo.co.jp
連絡事項

●申し込みの際に研修内容を選択し、受講する形となります.申し込み画面の指示に従ってください。
●1基礎研修は日本OT協会発行の「事例報告書作成の手引き(第2.1版)生活行為向上マネジメント事例」に沿って講義を行います。各自事前に目を通し、参加ください。
また、スケジュールの関係で昼食時間を別で確保できず、演習をしつつ昼食を摂って頂く形となります。そのため、昼食は必ず事前に各自で用意して頂きますようお願い致します。
●2実践者研修は、今回の研修会より自己事例報告希望者は2パターンより選択し、書類の事前準備・提出が必要となります。各資料を作成する際には下記に添付しているひな形をご使用ください。

パターンA:※添付資料:事例概要雛形
            マネジメントシート
パターンB:※添付資料:事例本文
            マネジメントシート
            一般情報シート
            課題分析シート
    

※症例本文について(手引きp37~p40参照)
事例報告書作成の手引きに準じます。次の項目で作成してください。     1報告の目的(200字以内)、2事例紹介(600字以内)、3作業療法評価(800字以内)、4介入の基本方針(200字以内)、5作業療法実施計画(600字以内)、6介入経過(1,000字以内)、7結果(700字以内)、8考察(700字以内)
資料作成の際は、日本OT協会発行の「事例報告書作成の手引き(第2.1版)生活行為向上マネジメント事例」を参照してください。
提出先:老健やわらぎ 鬼木徳子 minatonoonna@gmail.com 
締め切り:2020年1月19日(日)

●OT協会発行の「作業療法マニュアル66.生活行為向上マネジメント(第3版)をお持ちの方はご持参ください。
●MTDLP基礎研修修了、実践者研修修了(MTDLP自己事例報告者)者の中で希望者は、OT協会の生涯教育制度の現職者選択研修「MTDLP基礎研修」・現職者共通研修の「10.事例報告」にそれぞれ読み替えができます。希望する場合は申し込みの際に選択してください。


明日の臨床へ向けた実践的作業療法アプローチ ~患者さんとのより良い関わりを目指して~ のご案内

期日 2020年2月22日(土)10:30〜16:00(受付10時~)
場所
会場 YMCA米子医療福祉専門学校 201教室
住所 〒683-0825 鳥取県米子市錦海町3-3-2
内容

明日の臨床へ向けた実践的作業療法アプローチ ~患者さんとのより良い関わりを目指して~ のご案内

山陰作業療法勉強会より、山根寛先生の講演会のご案内がありました。
受講希望の方は下記ご確認の上、各自専用申し込み用紙を使用しお申し込み下さい。

資料 山根寛先生講演会パンフレット
対象 作業療法士であればどなたでも・作業療法士学生
定員 100名(定員になり次第締め切らせて頂きます。)
参加費 作業療法士3000円(学生1000円)
申込み

資料 2月22日講演会申込用紙
     
方法 米子病院 リハビリテーション科(八幡・片寄)まで、申込用紙(添付資料)に必要事項をご記入の上メールかFAXでご連絡ください。
期限 1月31日(金)(募集期間終了後も定員に余裕があれば受付可能な場合がございますのでお問い合わせください。)
Eメール ot@yonago-hospital.or.jp
FAX 0859-26-0801
問合せ先

米子病院 リハビリテーション科 永栄

Eメール ot@yonago-hospital.or.jp
TEL 0859-26-1611
FAX 0859-26-0801
懇親会

講演後、山根先生をお招きして懇親会を開催いたします。
場所:「庄屋」〒683-0053 鳥取県米子市明治町140駅前パーキングビル1階
参加費:4000円
時間:18時~20時


令和元年度診療報酬改定ならびに健康づくり分野に向けた研修会

期日 島根県会場:令和元年12月14日(土曜日) 10:00~15:00(受付開始9:20〜 )
鳥取県会場:令和元年12月15日(日曜日) 10:00~15:30(受付開始9:20〜 )
場所
会場 島根会場:さんぴーの出雲
鳥取会場:米子市産業体育館 中会議室
住所 島根会場〒693-0082 島根県出雲市中野美保南 2 丁目 15
鳥取会場〒683-0802 鳥取県米子市東福原8丁目27番地1号
TEL 島根会場 電話: 0853-24-9828
鳥取会場 電話:0859-35-0611
内容

【研修会内容及びスケジュール】
《14 日ならびに 15 日内容・スケジュール》 ※両日ともに同一内容・スケジュールとなります。
9:20~受付 9:50~10:00 開会行事
10:00~12:00(質疑応答込) 「健康寿命延伸にむけて理学療法士にできること」(仮)-理学療法士の職域拡大の可能性― 《内容(予定)》

1. 医療保険制度の概要
2. 予防・健康づくり施策について(特定健診・保健指導など) 3. 理学療法士の可能性

13:00~15:30(質疑応答込)
「令和 2 年度_診療報酬改定に向けて」(仮)
《内容(予定)》
1. 直近の改定の振り返り
2. 次期改定に向けたポイント
3. 理学療法士の取り組むべきこと(疾患別・ICU・ADL維持向上体制加算・回復期・訪問リハなど)

※12 月 13 懇親会(出雲市内)・12 月 14 懇親会(米子市内)/会費 5000 円 ご希望の方はお申し込み 時にお願いします。

資料 鳥取島根合同研修会案内のお知らせ
講師 厚生労働省 保険局 保険課(日本理学療法士協会 事務局) 理学療法士 吉倉 孝則 氏
対象 リハビリテーション専門職、行政関係者、介護保険関係者 定員:島根県会場 40 名、鳥取県会場 100 名
参加費 《14 日:島根県会場(出雲市)》《15 日:鳥取県会場(米子市)》
〇島根・鳥取県理学療法士会員:無料 ○作業療法士および言語聴覚士:1000 円/日 〇その他関係職種および行政機関等関係者:無料
生涯教育 新人教育ポイント:
14 日・15 日のいずれかの参加にて、C-5(地域リハビリテーション)を付与致します。ポイント付与は 終日参加者のみ該当します。ご注意ください。
申込み

締め切り:登録フォームからの登録https://forms.gle/v1BnUS2Rxz1iFWEk6


テーマ別勉強会「西部CVA」の12月開催

期日 令和1年12月18日(水) 18:30~20:00
場所
会場 養和病院 1階 リハビリテーション室
住所 米子市上後藤3-5-1
TEL 0859-29-5351
内容

疾患・障がい名:左視床出血 右片麻痺
「右弛緩性麻痺を呈した症例の上肢機能への積極的介入」
   発表者 佐藤 梨菜 氏(米子東病院)

生涯教育
申込み

     
方法 E-メールにて所属の施設と電話番号、参加者氏名を連絡する
送先 学術部員 養和病院 畑なつ美
Eメール riha@yowakai.com
TEL 0859-29-5351
FAX 0859-29-7179
問合せ先

学術部員 養和病院 畑なつ美

Eメール riha@yowakai.com
TEL 0859-29-5351
FAX 0859-29-7179

厚生労働省指定 臨床実習指導者講習会(都道府県講習会)島根県士会開催 のご案内

期日 2020年3月7日(土)9:00〜19:35
       8日(日)9:00〜16:05
場所
会場 島根大学医学部附属病院ゼブラ棟「だんだん」
https://www.med.shimane-u.ac.jp/hospital/
内容

島根県士会より、臨床実習指導者講習会のご案内がありました。
締切間近となっておりますが、受講希望の方は下記ご確認の上、各自グーグルフォームよりお申し込み下さい。
※ 鳥取県作業療法士会会員向けにご案内をいただきましたので、鳥取県作業療法士会員に限ります

対象 実務経験4年以上の作業療法士・理学療法士
定員 80名 (定員を超過した場合はお断りする場合がございます。)
参加費 作業療法士2000円、理学療法士3000円
申込み

期限 12月13日(金)
(参加名簿を厚生労働省に提出する必要があり、早めの締切となっております。)
URL https://docs.google.com/forms/d/1MWKFG3XNW1lUuXFR3tYI1gYvTm544Pj9Ye0KIIKyIzo/edit
備考 (申し込み用のグーグルフフォームに移動します)
問合せ先

一般社団法人島根県作業療法士会事務局

Eメール shimaneot@gmail.com
その他

1.受講決定は申し込み締切り後、登録アドレスに返信いたします。
2.原則2日間の参加で修了となるため、遅刻早退はできません。
3.申し込み後のキャンセルは原則できかねます。
4.参加費に資料代が含まれています。
5.原則先着順でありますが、当会会員を優先させて頂く場合がございます。


認知症重度化予防実践塾市民公開講座2019『他職種の視点で考える認知症予防』のご案内

期日 2019年12月14日(土) 13:30~16:30
場所
会場 地域交流センターアゼリアホール(倉吉病院敷地内)
内容

他職種の視点で考える認知症予防〜専門職から見た認知症に対する最新アプローチを学ぶ〜

主 催:公益社団法人日本認知症グループホーム協会鳥取県支部

後 援:鳥取県中部歯科医師会、鳥取県理学療法士会
    鳥取県社会福祉協議会、鳥取県介護福祉士会
    鳥取県介護支援専門員連絡協議会(順不同)

講師 石黒 秀喜 氏 (老い支度普及センター)
国竹 洋輔 氏 (鳥取県中部歯科医師会中部地域歯科医療連携室室長)
三谷 菅雄 氏 (鳥取県理学療法士会会長)
申込み

資料 県GH協会市民公開講座チラシ
     
方法 添付PDFにご記入のうえ、FAXまたはメールにてお申し込みください。
問合せ先

日本認知症グループホーム協会鳥取県支部 (事務局 ル・サンテリオン北条)
本研修に関する問い合わせ : GH 協会事務局 ル・サンテリオン北条 福光・入澤
FAX をお持ちでない場合は電話での申し込みも可能です

Eメール tottori.ghkyo@med-wel.jp
TEL 0858-36-5220
FAX 0858-36-5224

2019年度 第2回生活行為向上マネジメント研修会の開催

期日 2019年12月8日(日) 10:00~16:00
場所
会場 米子コンベンションセンター 5階 第4会議室
住所 鳥取県米子市末広町294
TEL 0859-35-8111
内容

「他職種連携と生活行為向上マネジメント」
 講師:小林 央氏(大田市立病院)/島根県作業療法士会会長、認定作業療法士、OT協会生活行為向上マネジメント士会連携支援室室員、生活行為向上マネジメント指導者
「自宅での役割再獲得により通所リハビリ終了に至った事例」
 講師:米井 浩太郎氏(老人保健施設 虹)/認定作業療法士、生活行為向上マネジメント指導者
 所属されていた通所介護や通所リハビリでの生活行為向上マネジメントの取り組みと実際に介入した事例のお話をしていただきます。
「生活行為向上マネジメントを用い退院後、意思疎通の手段と余暇活動の途切れない介入にがった事例 -伝えることを焦点にー」
 講師:岩本 悠氏(松江市立病院)/認定作業療法士、生活行為向上マネジメント指導者
  頭部外傷により四肢麻痺で施設入所されていた事例が、脳梗塞を発症し、生活行為向上マネジメントを用いて意思疎通の手段と余暇活動とパソコン操作を他職種と連携を取りながら取り戻した急性期病院での介入についてお話していただきます。

資料 2019年度第2回MTDLP研修会チラシ
対象 鳥取県作業療法士会会員、他都道府県作業療法士会会員
他職種(介護支援専門員、理学療法士、言語聴覚士 等)
参加費 県士会員・他職種 500円  ※県士会員の場合は2019年度県士会費納入者に限る
非会員 5,000円
生涯教育 2ポイント(鳥取県作業療法士会会員、他都道府県作業療法士会会員)
申込み

資料 QRコード
     
方法 申し込みフォームにて受付致します。
鳥取県作業療法士会 2019年度第2回MTDLP研修会ホームページ
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSc8NjjFVLZ7NPH96MDijxghFq4kRI99Ji4RCprHDrcTzdGVtw/viewform?usp=sf_link
・必要事項を記入・選択しお申込みください。
・お申し込みは1回の入力につきお1人のみとなります。同施設内で複数申し込みの場合は、お手数ですがお1人ずつでの入力をお願い致します。なお、メールアドレスは同様のものを使用頂いても構いません。 
期限 2019年12月1日(日)
問合せ先

鳥取県MTDLP委員会 推進員 土井宣幸、研修会申し込み受付担当 松本周三

Eメール tottoriot_mtdlp@yahoo.co.jp
注意事項

領収証を各自で印刷し、必要事項を記入の上当日ご持参ください。
駐車場について
会場HP(http://bigship.sanin.jp/bigship/guest/15/)より確認してください。

資料 領収証 2019年度第2回MTDLP研修会 2019.12.8
案内地図

「中部地区精神科勉強会」

期日 令和元年12月23日(月) 18:30~20:30
場所
会場 倉吉病院アゼリア 4階 会議室
住所 倉吉市山根43
TEL 0858-26-1011
内容

「話題提供」

生涯教育 年間3回以上の参加者に1ポイントが与えられます
申込み

     
方法 E-メール・FAX・TELにて所属の施設と電話番号、参加者氏名を連絡する
送先 学術部員 竹田 佳弘、梅原 香里(倉吉病院)
期限 令和元年12月20日(金)
Eメール kurayosiriha@med-wel.jp
TEL 0858-26-1011
FAX 0858-26-4794
問合せ先

学術部員 竹田 佳弘、梅原 香里(倉吉病院)

Eメール kurayosiriha@med-wel.jp
TEL 0858-26-1011
FAX 0858-26-4794

2019年度 地域包括ケアシステム対策委員会大研修会のご案内

期日 令和1年12月21日(土) 9:30~12:30(受付9:00開始)
場所
会場 米子東病院 大研修室
住所 米子市淀江町佐陀2169
TEL 0859-56-5232
内容

テーマ:「チームで引き出すその人のニーズと強み」
 9:00~ 受付
 9:30~ オリエンテーション
 9:45~ 講義:対象者のニーズ・強みを捉えるポイント、多職種連携について
 10:45~ 休憩
 11:00~ グループワーク:事例検討を中心に
 12:30  終了

詳細:厚生労働省は2025年を目処に地域包括ケアシステムの構築を推進しており、鳥取県における各自治体でも地域の特性に応じて様々な取り組みがなされていると存じます。
 本会においても、平成27年度から鳥取県地域医療介護総合確保基金の助成のもと、人材育成研修会や他職種の皆様にもご参加いただける大研修会を開催し、地域包括ケアシステム参画に向けた専門的な人材育成を進めて参りました。
 この度は、対象者を支援する際に重要となる「ニーズ・強み」をどのように引き出しチーム内や在宅医療・介護と連携していくか、という点に焦点を当てグループワーク主体の研修会を企画いたしました。また会員の皆さまだけでなく、他職種の方にもご参加いただけるよう企画しております。作業療法士だけでは気づくことができない新たな視点に気づき、多職種での情報共有・互いの職種の理解に繋がるものと考えております。
皆様のご参加を心よりお待ちしております。

対象 作業療法士、他職種の皆さま
参加費 県士会員・他職種500円、非県士会員5,000円(県士会所属で未納者、未入会の方)
生涯教育 2ポイント
申込み

     
方法 E-メール、FAXにて
1.所属の施設  2.電話番号  3.参加者氏名
4.OT協会番号  5.県士会費納入の有無を連絡する。
送先 特別養護老人ホームあいご 地域包括ケアシステム対策委員 山本 香織
期限 令和 1年 12月14日(土)
Eメール aigo-yamamoto@nissyoukai.com
TEL 0859−77−0777
FAX 0859−72−1818
問合せ先

学術部員 皆生温泉病院 地域包括ケアシステム対策委員 永見 忠志

Eメール kaikeonsenhp-reha@cyber.ocn.ne.jp
TEL 0859-32-9119
FAX 0859-32-3869

テーマ別勉強会「中部地区合同」の事例報告会

期日 令和1年12月18日(水) 18:30~20:00
場所
会場 藤井政雄記念病院 2階 リハビリテーション室
住所 倉吉市山根43-1
TEL 0858-26-2111
内容

1.事例報告会
疾患:左腎癌、転移性肝腫瘍  分野:老年期障害、終末期
「余命1ヶ月で病状悪化していく中、早急な計画とリスク管理により家に帰りたい思いを実現した症例」
   発表者   瀧   浩 輔 氏(藤井政雄記念病院)
   指導者  松 本  周 三 氏(三朝温泉病院)

2.日頃のお悩み相談会(仮)

生涯教育 報告者は現職者共通研修「事例報告」、発言者は「事例検討」認定
申込み

○「事例検討」認定希望者は、開催3週間前までに申込む
方法:メールにて所属施設、氏名、協会会員番号を連絡する
送先:教育部員 老人保健施設のじま 竹谷豊(rouken_reha@nojima-hospital.or.jp
期限:令和1年11月27日(水)
○当勉強会登録メンバーは出欠を学術部員までメールで連絡する(連絡先は下記)
期限:令和1年12月4日(水)

問合せ先

認定関係:教育部員 老人保健施設のじま 竹谷豊(連絡先は上記)
運営関係:学術部員 三朝温泉病院 松本周三(riha_ot@hosp.misasa.tottori.jp

注意事項

事例報告会は、現職者共通研修の事例報告、事例検討の認定対象の研修です。
事例検討の認定希望者は、必ず開催3週間前までに申し込んでください。※期限厳守
認定希望者は、生涯教育手帳の受講記録を忘れずにご持参ください。
遅刻者、手帳を持参していない場合は、認定されないことがあります。

案内地図

テーマ別勉強会「西部CVA」の12月開催

期日 令和1年12月17日(火) 18:30~20:00
場所
会場 養和病院 1階 リハビリテーション室
住所 米子市上後藤3-5-1
TEL 0859-29-5351
内容

疾患・障がい名:左視床出血 右片麻痺
「右弛緩性麻痺を呈した症例の上肢機能への積極的介入」
   発表者 佐藤 梨菜 氏(米子東病院)

生涯教育
申込み

E-メールにて所属の施設と電話番号、参加者氏名を連絡する

送先 学術部員 養和病院 畑なつ美
Eメール riha@yowakai.com
TEL 0859-29-5351
FAX 0859-29-7179
問合せ先

学術部員 養和病院 畑なつ美

Eメール riha@yowakai.com
TEL 0859-29-5351
FAX 0859-29-7179

2019年度第3回生活行為向上マネジメント研修会

期日 2020年2月2日(日)
1基礎研修:9:00~16:20
2実践者研修:9:00~12:10
場所
会場 地域交流センター アゼリアホール
住所 倉吉市山根43倉吉病院横
TEL 0858-26-1011
内容

1基礎研修
 講師:土井宣幸氏、松本周三氏
2実践者研修:「MTDLP事例報告の書き方」
       「事例報告」
  講師:柴田八衣子氏(兵庫県立リハビリテーション中央病院 作業療法士)
     鬼木徳子氏

資料 2019年度第3回MTDLP研修会案内文
対象 鳥取県作業療法士会会員
他職種(介護支援専門員、理学療法士、言語聴覚士 等)
鳥取県作業療法士会員の場合
1基礎研修:OT県士会会員であれば誰でも可能
2実践研修:MTDLP基礎研修修了者(事例報告者、聴講者ともに)
      他職種:不問
参加費 500円 ※ただし、県士会員は2019年度県士会費納入者に限る
生涯教育 鳥取県作業療法士会員の場合
1基礎研修:現職者選択必修研修「MTDLP基礎研修」修了、2ポイント
2実践研修:現職者共通研修「10.事例報告」、2ポイント
申込み

再度ホームページにてお知らせします。

問合せ先

鳥取県MTDLP委員会 推進委員 老健はまかぜ 土井宣幸
研修会申し込み受付に関して:鳥取県MTDLP員会委員 三朝温泉病院 松本周三

Eメール tottoriot_mtdlp@yahoo.co.jp
連絡事項

●申し込みの際に研修内容を選択し、受講する形となります.申し込み画面の指示に従ってください。
●1基礎研修は日本OT協会発行の「事例報告書作成の手引き(第2.1版)生活行為向上マネジメント事例」に沿って講義を行います。各自事前に目を通し、参加ください。
また、スケジュールの関係で昼食時間を別で確保できず、演習をしつつ昼食を摂って頂く形となります。そのため、昼食は必ず事前に各自で用意して頂きますようお願い致します。
●2実践者研修は、今回の研修会より自己事例報告希望者は2パターンより選択し、書類の事前準備・提出が必要となります。各資料を作成する際には下記に添付しているひな形をご使用ください。
パターンA:※添付資料:事例概要雛形
            マネジメントシート
パターンB:※添付資料:事例本文
            マネジメントシート
            一般情報シート
            課題分析シート
    

           ※症例本文について(手引きp37~p40参照)
            事例報告書作成の手引きに準じます。次の項目で作成してください。     
            1報告の目的(200字以内)、2事例紹介(600字以内)、3作業療法評価(800字以内)、4介入の基本方針(200字以内)、5作業療法実施計画(600字以内)、6介入経過(1,000字以内)、7結果(700字以内)、8考察(700字以内)
資料作成の際は、日本OT協会発行の「事例報告書作成の手引き(第2.1版)生活行為向上マネジメント事例」を参照してください。
●OT協会発行の「作業療法マニュアル66.生活行為向上マネジメント(第3版)をお持ちの方はご持参ください。
●MTDLP基礎研修修了、実践者研修修了(MTDLP自己事例報告者)者の中で希望者は、OT協会の生涯教育制度の現職者選択研修「MTDLP基礎研修」・現職者共通研修の「10.事例報告」にそれぞれ読み替えができます。希望する場合は申し込みの際に選択してください。
●領収証を各自で印刷し、必要事項を記入の上当日ご持参ください。


« 次のリンク
Copyright(c) 2019 Tottori Association of Occupational Therapists All Rights Reserved.